文部科学省平成27年科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

Menu

Smart Café in 医学部 2016 開催

日 時:平成28年6月16日(木)17:30-18:30
会 場:杉谷キャンパス 臨床講義室(2)
対 象:本学の学生(学部生・大学院生)、研修医
参加者:37名 

講師:
大学院医学薬学研究部(医学)病態・病理学 准教授 石井陽子先生
富山大学附属病院 周産母子センター 診療助手 川崎裕香子先生 
富山大学附属病院 産科婦人科 非常勤医師 伊藤実香先生

本年度のSmart Caféは、第一線で活躍している先輩女性研究者から研究者を目指すきっかけや海外留学、ワーク・ライフ・バランスなどのお話を伺っていきます。

第一回目のSmart Café は、医学部と附属病院の3名の先生方より、「大学での研究」、「海外留学」、「専門医になること」についてご講演頂きました。

まず川崎裕香子先生より「ジョンズ・ホプキンス大学に短期留学して得たもの」という演題でお話いただきました。日本とアメリカのワークスタイルの違いや、この留学経験をどのように自身の研究に生かしてゆくのかを、ラボの様子や専門的な脳のMRI画像を交えながらわかりやすくご説明くださいました。

次に、伊藤実香先生から「サブスペシャリティを生かした臨床研究」というテーマでご講演いただきました。ご自身のバイオグラフィーや、産婦人科では富山県内初の「臨床遺伝専門医」になられた過程をご説明頂くとともに、「何のために働いているのか?」「働くママになるための心構え」など、ワーク・ライフ・バランスについても興味深いお話をしてくださいました。

最後に石井陽子先生が、スウェーデンのヨーテボリ大学へ留学されたご経験についてお話くださいました。ご家族を伴っての留学で、お子様の学校のことなど様々なご経験を、たくさんのお写真とともにお話くださいました。「君の後ろに道はできる」というメッセージが印象的でした。

会場は時折笑い声が聞かれるなど和やかなムードで、熱心に先生方のお話を聞き入っている様子でした。

なお、次回のSmart Café は6月27日(月)、28日(火)12:05-12:55に五福キャンパス工学部にて『Smart Café in 工学部 2016』を開催する予定です。詳細はこちらの記事からご確認ください。

0-IMG_0912.jpg

IMG_0923.JPG

伊藤先生.jpg

IMG_0962.JPG

活動報告・活躍紹介