文部科学省平成27年科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

Menu

Smart Café in 人文学部 開催

日程:平成28年10月25日(火)
時間:12:05 - 12:50
会場:五福キャンパス 人文学部 2階 第3講義室
対象:本学の学生(学部生・大学院生)、教職員
参加者:27名

本年度のSmart Caféは、第一線で活躍している本学の先輩女性研究者から研究者を目指すきっかけや海外留学、ワーク・ライフ・バランスなどのお話を伺っています。

第5回目のSmart Café in人文学部は、本年度の「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)」にかかる学内公募による助成金で10月1日に国際シンポジウム「北朝鮮脱出者の文学活動と韓国文壇」を開催した、准教授の和田とも美先生にご講演いただきました。

Smart Café in 人文学部では、和田先生を中心に学部長や教員、学生、外国人留学生が輪になって座り、アットホームな雰囲気の中で、本学の女性研究者として研究内容と地域との関わりについて日頃お考えになっていることをざっくばらんにお話くださいました。人文学部ならではのトピックスとして、前半は日本文学と世界とのかかわりを産業的観点から「商品としての日本文学」「輸出品目としての日本文学」として、海外企業が渡辺淳一文学館や村上春樹の版権を購入した事例を紹介してくださいました。また、人文系の人気就職先であった大型書店がネットに押され衰退している現状についても就活の問題をまじえてお話くださいました。その後話題は北陸の文学に移り、集客の出来るイベントの例や、地域に根ざした文学館とその存在意義を丁寧にお話くださいました。

最後の質疑応答では学生や教員からさまざまな質問があがり、朝鮮文学を研究しておられる和田先生の、研究者を目指すきっかけや研究継続のモチベーションなど、研究者としてのお考えをより身近に感じることのできる時間となりました。参加者からは、「富山の文学に対する試みはほとんど知らないものばかりで、驚きがあった。」「新しい視点を感じることができた。」などの声が聞かれました。

なお、次回のSmart Café は11月22日(火)12:05-12:55に五福キャンパス経済学部7階中会議室にて『Smart Café in 経済学部』を開催する予定です。

人文-会場の様子1.JPG

会場の様子1

人文-会場の様子2.JPG

会場の様子2

SC-和田とも美先生.JPG

講師:和田 とも美先生

SC-澤田哲生先生.JPG

司会進行:澤田 哲生先生

SC-呉人惠先生.JPG 

挨拶:呉人 惠先生

活動報告・活躍紹介