文部科学省平成27年科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

Menu

「Smart Café in 工学部 電電女子座談会」開催

日程:平成29年4月26日(水)
時間:13:00 - 14:30
会場:五福キャンパス 工学部 電気系実験研究棟3階システム制御工学第6研究室
対象:工学部 電気電子システム工学科の女子学生
参加者:女子学生8名 他8名 計16名

 平成29年度の第1回目となる「Smart Café in 工学部」は、電気電子システム工学科にて従来から開催されていた「女子座談会」とジョイントいたしました。

 工学部は女子学生の在籍比率が14.6%(平成29年5月1日現在)と少なく、特に電気電子システム工学科は本年度の新入女子学生が1名だったため、先輩後輩の垣根を越えて気軽に学生生活や進路の悩みを相談し、情報交換するよい機会として計画されました。

 まず始めに、女子学生8名が工学部電気電子システム工学科に入学したきっかけを交えて自己紹介しました。多くの女子学生が、幼い頃や学生時代から理系職業に興味を持っており、入学した後に女子学生が少ないことに大変驚いたようです。一方で、今は時代も変わり、女性が理系を目指すことに対しての偏見は少なく、理系へ進むなら明確な目的を持つようにと高校でも進路指導されていたとのことでした。また、先輩学生からは、「大学院、女子、電気」は就活に強いと自身の経験をもとに進学のメリットについての話もありました。

 女子学生が少ないことに対しての不安や苦労は皆に共通する悩みのようで、入学当初は男子学生ばかりの中でどのようにふるまったら良いか戸惑ったという声が多く聞かれました。また、少数だからこその女子同士の付き合い方も難しい場合があるとの声もあり、先輩学生からはコミュニケーションのとり方について具体的なアドバイスとともに、「女子ひとりの環境が私をたくましくしてくれた。」と、力強い言葉が印象的でした。

 お茶やお菓子をつまみながら楽しい会話がいつまでも途切れず、初対面の緊張からすっかり打ち解けた様子でした。参加者からは「いろんな先輩たちから話を聞けて楽しかった。電電で頑張ろうと思います。」「女子学生が今後増えていくきっかけになれたら嬉しい。」との声が聞かれました。

会場の様子

写真1.jpg

写真2.jpg

活動報告・活躍紹介