治療の過程で女性スタッフと関わる可能性はあるのか?

女性スタッフと顔を合わせる可能性は?

 

インターネット上の沢山のメディアの中からわざわざ当サイトをご訪問下さいまして有難うございます。
当サイトは真性包茎やカントン包茎で悩む方のためのサイトです。

 

運営者である私自身も以前はカントン包茎でした。
無理に皮を剥くと皮が元に戻らなくなってしまう症状に悩んでおりました。
偶然にもインターネット上で真性包茎やカントン包茎は自力で矯正出来るという事を知り、約1カ月の期間でカントン包茎を卒業する事が出来ました。

 

私自身の体験が以前の私と同じく包茎で悩む方のお役に立てるのではないかと思いで当サイトを設立、運営しております。

 

さてこのページでは包茎手術と女性スタッフについてお話したいと思います。

 

包茎という悩みは人には相談しにくい悩みかと思います。
治療を考えている方の中には治療の過程で女性スタッフと顔を合わせたり、話したりするのが嫌だという方も多いのではないでしょうか?

 

病院やクリニック側からは「仕事で沢山の人の包茎治療に携わってきたので慣れているので大丈夫です、恥ずかしがらないでください」と言われても、治療を受ける側は初めての事ですし、そういったシュチュエーションには慣れていません。
戸惑うのも当然の事と思います。

 

このページでは治療の過程で女性と顔を合わせる可能性があるのかについて詳しく解説していきたいと思います。
また記事の最後では真性包茎やカントン包茎を自分で治す方法についても触れていますので参考にしてみて下さい。

 

医療機関の泌尿器科で手術によって治療を受ける場合

 

総合病院や大学病院の泌尿器科や泌尿器科専門の病院で治療を受ける場合です。
基本的に医療機関では自分で治すという考え方は一般的ではありません。
自分で治せるのであれば病院は必要無くなってしまいますね、

 

ですので真性包茎やカントン包茎の治療を医療機関で受ける場合手術で治すのが一般的です。
その場合、女性スタッフと顔を合わせる可能性はあるのでしょうか?

 

受付や電話対応で女性と話す可能性

 

治療を決断した場合一番最初にする事は病院に電話で予約をするというところから始まるかと思います。
電話対応や受付で女性と顔をあわせる可能性ですが、
泌尿器科に掛かる患者さんは男性だけではありません、ですので男性のプライバシーのために受付や電話対応に男性スタッフのみを配置している病院は無いと思います。
実際に総合病院や大学病院の受付は女性スタッフの方が多い印象があります。

 

ですので電話口で女性スタッフと話す可能性や受付で女性スタッフと話す可能性は高いと言えるかと思います。
保険適用で治療を受けたいと言う方も多いかと思いますが、その場合、医療機関の泌尿器科に掛かる事になる訳ですが、女性と顔を合わせる可能性があるという事は心づもりしておいた方が良いかと思います。

 

女医さんが執刀する可能性

 

泌尿器科には勿論女医さんもいらっしゃいますが、この点に関しては、女性には無い器官に関する治療になりますので、

 

「女医さんが執刀するのは不安だ・・」

 

又は

 

「精神的に抵抗がある・・」

 

と思う男性がいるのはごく自然な事と思います。
私の場合もそうでしたが、ただでさえあまり人には知られたくないデリケートな問題ですので、いくらお医者さんとはいえ女性に見られる事に抵抗がる、ましてやメスを入れられる事に不安を感じるのは当然の事と思います。

 

こういった場合は男性医師に執刀して欲しいとリクエストする事に関しては問題ないかと思います。
患者さんの要求が受け入れられるかどうかに関しては、病院サイドの経営方針にもよるかと思いますが、私の個人的な意見としては少しでも患者さんに安心して治療を受けて欲しいと考える病院の方がより良心的なのではないでしょうか?

 

ですが男性の医師が執刀する場合でも、看護師さんにつきましては女性看護師さんが手術に立ち会う可能性は高いかと思います。
一昔前まではナースという言葉が一般的でした。
ナースというと女性のイメージが強いですよね、現在では男性の看護師さんも増えてきましたが、男女比で言えばまだまだ女性看護師さんの方が圧倒的に多いのが現状です。

 

ですので男性患者のプライバシーのために手術に立ち合う看護師さんを男性のみにして欲しいという要望を受け入れてもらえる病院といいますと条件的になかなか難しいのではないかと思います。
結論的には手術に女性看護師さんが立ち合う事は心づもりしておいた方が良いかと思います。

 

クリニックで自由診療で包茎手術を受ける場合

 

包茎手術専門のクリニックや美容外科クリニックで手術を受けた場合です。
泌尿器科との大きな違いは、術後の仕上がりの綺麗さを重要視するため健康保険が適用されないという点かと思います。
自由診療となるため泌尿器科で手術を受けた場合と比べ費用が高額となります。

 

ではこういったクリニックで手術を受けた場合、女性スタッフと顔を合わせる可能性はあるのでしょうか?
業界の大手3社さんについて調べてみました。

 

今回調査したのは「上野クリニック」さんと「ABCクリニック」さんと「東京ノーストクリニック」さんの3社さんです。

 

まず「上野クリニック」さんですが、公式サイトに電話対応から受け付け、手術中、術後に至るまで女性と顔を合わせる機会は無いと明記されていますね、
「上野クリニック」さんでは手術を受ける男性のプライバシーを配慮して男性スタッフのみを配置しているという事ですね、

 

「ABCクリニック」さんと「東京ノーストクリニック」さんは公式サイトでは女性スタッフの存在については特に触れられていませんでした。
ですので実際に電話で問い合わせてみた所、両クリニックともに「上野クリニック」さんと同じく女性と顔を合わせる機会は一切無いとの事でした。
ちなみに両クリニックさんともに電話に出たのは男性スタッフでした。

 

自宅で自分で矯正すれば誰にも見られない

 

私の場合は女性スタッフに見られるのは勿論の事ですが、男性スタッフや男性の医師に見られるのも抵抗がありました。
温泉や銭湯で他人に見られるのとは話が別で、病院やクリニックで診察を受けるとなると触られたりもする訳で、考えただけでも「嫌だな・・」というのが正直なところでした。

 

そのためなかなか治療に踏み切る事が出来なかったのですが、インターネット上で真性包茎やカントン包茎は自分で治せるという事実を知り、
自宅で矯正出来るのであれば、誰にも見られないし、手術と違い痛みも無いのであればチャレンジしたいと思いました。
その結果、約1カ月の期間でカントン包茎を卒業する事が出来た訳です。

 

手術より期間は掛かりますが、人に見られるのが嫌だと言う方や手術の痛みに不安があるという方にはこの方法はお勧めです。

 

自分の力で自然に治していく方法ですのでリスクもありませんし、私自身が実際に体験してみてこの方法で治して本当に良かったと思ったため当サイトでもこの自分で治す方法を推薦しています。
詳しくは当サイトのトップページにて詳しく説明していますので興味のある方は参考にしてみて下さい。

 

 

まとめ

 

包茎手術を受ける場合に女性スタッフと顔を合わせる可能性についての説明は以上となります。
結論的には病院の泌尿器科で保険適用で手術する場合、電話対応や受付で女性スタッフと顔を合わせる可能性は高いという事になりますね、

 

それに対して専門クリニックで自由診療で手術を受ける場合は女性スタッフと顔を合わせる可能性はほぼ無いと考えて問題無いかと思います。

 

(今回実際に調査したのは上記した3社さんになります。全てのクリニックに問い合わせた訳ではありませんので断言する事はできませんが、クリニックでは男性のプライバシーに配慮して女性スタッフを置かないというのが業界の常識となっているようですね、)

 

ですが包茎治療において一番重要な事は、治療後に男性機能上問題が残らない事かと思います。
手術は1日で終わるかもしれませんが、術後に包皮を切り過ぎてしまい勃起時にペニスにツッパリを感じるなどの後遺症を残してしまうとせっかく決心して包茎治療に臨んだ事が台無しになってしまいます。

 

そういった点ではメスを入れないで自分で治す方法は体への負担も少なくて済みますし、私の知る限り一番リスクの少ない方法だと思います。

トップへ戻る