文部科学省平成27年科学技術人材育成費補助事業ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)

Menu

Smart Café in 経済学部 開催

日程:平成28年11月22日(火)
時間:12:05 - 12:55
会場:五福キャンパス 経済学部7階中会議室
対象:本学の学生(学部生・大学院生・研究生)、教員、職員、研究員
参加者:18名

本年度のSmart Caféは、第一線で活躍している本学の先輩女性研究者から研究者を目指すきっかけや海外留学、ワーク・ライフ・バランスなどのお話を伺っています。

第6回目となる「Smart Café in 経済学部」は准教授の中村真由美先生と講師の松山淳先生に海外留学のお話を伺いました。

中村真由美先生は学部生のときにウィスコンシン大学へ約1年間の交換留学、大学院の博士課程においてはシカゴ大学に留学されました。留学先の選定の仕方からアメリカの大学院の研究環境・教育方針や心構えなどを、当時の心境や困難を乗り越えたご経験を交えて丁寧にお話くださいました。留学先での様々なご経験を後のキャリア形成につなげてゆく過程やワーク・ライフ・バランスについてのお考えなど、将来の進路を考えるうえでも温かく有益なアドバイスに満ちたお話でした。

次に、松山淳先生が昨年アメリカのジョージタウン大学で開催されたサマースクールに参加された際のご経験についてお話くださいました。このサマースクールはOxford Poverty & Human Development Initiative主催で、毎年各国の主要都市で開催されています。約2週間の短期滞在ながらも、充実した講師陣と講義内容で貧困分析の手法など多くのことを吸収してこられたご様子を楽しくご説明くださいました。サマースクールは海外でのキャリア形成のためのファースト・ステップとしてとても有用な手段であるとのお話は、長期留学を検討している人にとっても大変参考になるものでした。

司会の神山智美先生からも、サマースクールや本格留学などチャンスがあればいつでも挑戦できるよう英文履歴書や志望動機などを事前に準備しておくとよいとのアドバイスがありました。参加者からは、「元気づけられました。」「海外により興味を持ちました。」「どこに行くにも英語は必須だと感じたので勉強したい。」などの声が聞かれ、留学をより身近に感じることのできる機会となりました。

神山智美先生.JPG 中村和之学部長.JPG

司会進行:神山 智美先生            中村 和之学部長と高田 寛教授

中村真由美先生1.JPG 松山淳先生.JPG

講演① 中村 真由美先生           講演② 松山 淳先生

会場の様子.JPG

会場の様子

ニュース、イベント